くまの木ヒトとムシの楽園プロジェクト


概要

●目的
 「ムシが集まり、ヒトも集う豊かな里山づくり」

 ・くまの木周辺の生物多様性の再生と保全

 ・自然、生きものを大切にする人材の育成

●体制
 動植物に詳しいボランティアスタッフが中心となって企画立案から活動運営まで行っています。

●活動
  (1) バタフライガーデンづくり
  星ふる学校「くまの木」校庭の花壇などでチョウの好む草木を育てます。

  (2) カブトムシ・クワガタの森づくり

星ふる学校「くまの木」周辺の山林でコナラやクヌギの広葉樹林を育て、カブトムシやクワガタのすむ森にします。

  (3) トンボ・ゲンゴロウの楽園づくり

星ふる学校「くまの木」敷地内の池などを整備し、トンボやゲンゴロウ、カエルやドジョウなどの生きものに親しめる環境をつくります。